オフィスに会議室は要らない?

貸し会議室を使う

オフィスに用意されている部屋は色々ありますが、最近は自社オフィスに会議室を用意せずに、貸し会議室を利用する企業が増えてきているといいます。
頻繁に会議をするなら会議室を用意しておいてもよさそうなものですが、
企業形態によってはほとんど会議をしないところもあり、わざわざ年に数回だけ使う会議のために会議室を用意するのも、費用とスペースのムダだということで、貸し会議室を利用するようになったそうです。

 

 

 

オフィスに会議室が無い企業がよく使っている貸し会議室は、あらかじめ使用する日に予約すれば、そこに用意されている設備も含めてレンタルすることができる会議室で、貸し出ししている企業によっては設備も非常に充実しているので、自社で同等の設備を用意するよりも、レンタル料金を支払ったほうがはるかに費用は安くなります。

 

貸し出し業者ごとに会議室のタイプも異なり、一般的なオフィス風の会議室から、
ホテルの一室を使った会議室まで、使用目的に応じた使い分けができるのも魅力です。

 

貸し会議室は、ただ会場を借りることができるだけでなく、様々なサービスも利用することができるところもあります。
サービス内容は業者ごとに異なりますが、ただ会議室を貸すだけでなく、
椅子やテーブル、プロジェクターといった会議に必要な備品は大抵の業者が揃えていますし、
ケータリングサービスや、専属スタッフによる会場設営サービスなどを利用できるところもあります。

 

大規模な会議だと自分たちで会場設営するのも手間がかかるので、
こうしたサービスを提供している貸し会議室をあらかじめ控えておけば、会議をよりスムーズに開催することができます。

会議室を作らないわけ

貸し会議室を使う企業が近年増えてきています。
オフィスに会議室が無いということに違和感を持つ方もいるかと思いますが、
企業によってはそもそも会議室を使うような本格的な会議をする機会がめったにないという中小企業も多く、
年に数回だけ使うだけで、わざわざ会議室があるような広い設備を用意するよりも、
一日だけレンタル料金を支払ったほうがはるかにお得だと判断して、あえて会議室の無いオフィスを探す企業家も多いようです。

 

会議室をわざわざ作らないのは、効率の面も考慮しているという企業も見られます。
自社に会議室があると、いつでも会議ができるという意識が働き、会議が遅れがちになったり、
積極的に意見を出さない社員が増えることが多いのですが、貸し会議室でその日だけでしか会議ができない状態にすることで、
時間に余裕を持たせずに、社員に積極的に意見を出させることができるといいます。

 

緊急で会議をすることは難しいですが、それが必要になる事態が頻発するわけではまず無いので、
会議室はわざわざ用意しなくても問題ないと考える企業も多く見られます。

 

会議室を持たず、貸し会議室を利用していると、複数の会議室を利用できるという利点もあります。

 

貸し会議室にもいろいろなタイプがあり、椅子やテーブルくらいしか用意されていないシンプルなところもあれば、
プロジェクターやケータリングなど、様々な機材やサービスが充実しているところもあるので、
会議の規模や費用などに合わせて、自由に貸し会議室を選ぶことが出来ます。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る