会議室を使う機会は?

会議室を使う機会は?

会議室は当然会議を開催するときに使うための部屋ですが、最近は会議室を置かずに貸し会議室を使うという企業が増えています。
何人も社員や役員がいるような大企業の場合は、会議室があったほうが便利ですが、
社員が数人しかいない中小企業の場合は、わざわざ会議室を用意しても使う機会がなく、
広いオフィスを借りても余計な家賃を支払うことになると、あえて会議室を用意せずに小さいオフィスを借りる起業家も少なくないようです。

 

 

 

会議室を使う機会は会議以外にもいくつかありますが、それも頻発するようなことではないのが大半です。
例えば会社説明会や面接、他社との合同会議などがありますが、
いずれも企業によってはほとんど行われないもので、急に開催するよりも、
前もって予定を決めておいてから開催するものなので、予約しておきさえすれば確実に利用できる貸し会議室があれば問題はありません。

 

会議室を持たず、貸し会議室を利用すると、会議のために使う設備を自分たちで用意しなくてもよいというメリットもあります。
貸し会議室の多くは椅子やテーブル、プロジェクターなどの会議に必要な機材をあらかじめ用意しており、
それらもまとめてレンタルすることが出来るので、自社で会議室を用意して、
椅子やテーブルを大量に集めたり、プロジェクターなどの高価な機材を購入したりリース契約したりする必要も無くなります。

 

さらに貸し会議室によっては、ケータリングや会場設営などのサービスも利用できるので、
会議前の準備を自分たちで行う手間を省くことが出来ます。


このページの先頭へ戻る